FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


あれから、一年。

やまゆり園の事件から、一年が経つた。
ニュースを見てゐて、改めて犯人の年齢を思ふ。
まだ、27歳なんだよな。事件当時は26歳。

俺が26歳の頃は、と、つい、思つてしまふけれど、同じ性別、同じ年齢であつても、それまでの成育環境が違へば、単純に比較する事は出来ない。

犯人はずつと、否定され続けて来たのではないだらうか。

「障碍者なんか、ゐなくなれば良い。」

そんな事を言つて、諸手を挙げて賛同してくれる人なんかゐる訳が無い。
でも、それは表向きの話だ。それが社会の常識だから。

人は皆、各々に感じる心が有る。
障碍者なんかゐなけれあ良い。第一、障碍者本人だつて大変だらうし、世話をする者だつて、さう思つてるに決まつてる。
かう感じる事を、全くの間違ひだと言へるだらうか。
各々、感じ方が違ふから、社会を営んでゆく為に、“常識”つつふ物が有るんだろ。

間違つてゐるのは、“障碍者”と“障碍”を一緒くたにしてゐる事だ。
俺も“障碍”なんかなけれあ良いと思つてゐる。でも、“障碍者”がゐなけれあ良いとは思はない。
様々な“障碍”を、人が生きてゆく上での“障碍”として一括りにはできても、“障碍者”は一括りにはできない。
だつて、一人一人違ふ人間を、一括りにする事はできないだろ。間違つてるよ。

人と人とは対等な存在だ。それなのに、障碍者だからと云ふ理由を付けて、その命を奪ふなんて、傲慢過ぎる。しかも、相手は自力で逃げる事も叶はず、武器も持たず、無抵抗だ。
どんなに恐ろしかつただらう。
想像を絶する恐怖や痛みを感じながら傷付けられ、殺されていつた被害者の気持ちを思ふと、言葉には表せない気持ちになる。やりきれない。
犯人の罪は、傷害や殺人だけではない。あの日から、沢山の人の人生が変はつてしまつた。直接、関はつた人達だけでなく、事件を知つた人達も様々な影響を受けた。


“やまゆり園”は、俺の実家の在る県、市に在ります。
数年前に、県内の養護学校の高等部を卒業し、やまゆり園を何度かショートステイで利用していた知人の息子さんは、あの日、たまたま、そこにはゐなかつた。
けれど、心にとても深い傷を負ひました。
人として、職員の方々や、他の利用者さん達と交流があつたから。
彼は職員の方や、親切にしてくれた人の名前をあげては、「死んぢやつたんだねえ。」と言つて泣くのださうです。
人の心で泣くのです。

今は、人ではなくなつてしまつた犯人も、かつては人だつた時が有る筈なんだ。
人として産まれて来て、どこから人でなくなつてしまつたのだらう。

犯人が人だつた頃、彼と人として向き合つてゐた人達は、彼の為に泣いてゐるのだらうか。

泣いてくれる人はゐるのだらうか。










  1. 障碍の事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


A沢殿下。

うちの社員ではないのだけれど、伊藤さん(仮名)と云ふ方と、知り合ひになりました。
この方の肩書きは“参与”です。

デスクのメモに、

いとうさん

とうさん

とうさんよ

と書いて、珈琲を買ひに席を離れました。
帰つて来たら、

ちやんとおしごとをしないと、かえれませんよ。

と、A沢の字で書かれてゐました。
何故、平仮名なのか。俺は漢字だつて読めるぞ。

“参与”と云ふのは、所謂、ご意見番、アドバイザーと云ふところでせうか。
同じ“参”が付くのなら、“参謀”の方が格好良いなあと思ひます。
クシャナ殿下の参謀になりたい。

  1. 職場
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


人の話は、最後まで聞くものです。

ドライブがてら、豊洲の新市場(予定)を見てきた。

恐竜橋(東京ゲートブリッジ)を渡つて、市場と公園の間の道を通つて来たのだけれど、市場と言ふよりも、工場か物流倉庫と云ふ印象を受けた。
外見的には、大変に立派でした。

最近、とても気になるのが、小池東京都知事を指して言ふ、“決められない知事”と云ふ言葉のくだらなさ。
営業や企画の仕事をしてゐる人は判ると思ふけど、ある事柄を決める会議で、いきなり、結論から言ふ人がゐるだらうか。
プレゼンの手法としては、場合に依つては無い事も無いけれど、結果はともかく、先ずは意見を出し合ふよね。その意見が突拍子のない物であつても、それに刺激されて、新しいアイデアが生まれる事を経験上知つてゐるから、いきなり却下はされない。
ただ、それがそのまま採用されるとも思つてゐない。
それが豊洲の問題では、小池都知事が何か発言する度に大騒ぎになる。
未だ、アイデアを投げてゐる段階なんぢやないかと思ふんだけど。

築地の豊洲への移転に関して、国も都も、全く自分達の事を考へてはゐなかつたと判つた時の、市場関係者の落胆や悔しさは、如何程の物だつたらうか。

築地で働く人達が長い間守つてきた、安全や安心は、第一に受け継がれるべき物だと思ふ。
オリンピックは一時の物だけれど、市場はこの先もずつと必要な物なのだから。

築地を守る神様。

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


幾度も来る悦びと哀しみを重ねて空の青に還らん

翼の母上が、自宅の電話機に溜まつた留守電を整理しようと聞き返していて、亡くなつた翼の叔母さんの留守録を発見したらしい。
その人は母上の姉に当たる人で、数年前に癌で亡くなつたさうだ。

その留守録を、翼は聞きたいと言ふ。
叔母さん存命の間は、他の人と同じようにやうに、筆談や、簡単な手話で会話をしてゐたが、亡くなつた今、声を聞きたいのだと、翼は泣いた。

小学校の6年生くらゐまでは、右耳だけだけれど、聴こへてゐたさうで、聴こへなくなつてからも、泣く程、焦がれる程に聞きたい声は無かつたといふ。

「聞きたいつて、思つちやつたんだよね。」

かう云ふ気持ちは、理屈ではないのだらう。




  1. 彼との事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


黄金週間。

今年のゴールデンウィークは、随分長く休みを取りました。

晴天には恵まれたものの、風の強い日が多く、行けるだけ行かうと思つてゐたけれど、テニスは二度、中止になつてしまつた。
相棒の仕事関係の知り合ひで、60代のペアと試合をしました。
一人は足が悪く、軽く引き摺る感じだつたにも関はらず、球筋を読むのがとても上手くて、走らないのに、いつの間にかボールの落下地点に居るんだよね。
逆に俺の方が、ドロップショットの時に、面を作るのが遅いと言はれてしまひました。
ほんの僅かな迷ひを読まれてゐる。

「遠慮しないで、どーんと来なさい。」

非常に男前な方でした。

その他は、ドライブに行つたり、家でだらだらしたり、翼と二人で、地元の商店街を探検に出掛けたりしました。
駅に近い所に在るお茶屋さんが、知らない間に代替はりをしてゐて、若夫婦が店頭に立つてゐました。
そして、これも新しい主人のアイディアなのでしようか、懐かしい感じの縁台を置いて、喫茶スペースにしてありました。
翼は少し前から知つてゐたやうで、気になつてゐたのだと言ふので、本屋の帰りに寄つてみました。
串団子を一本ずつと、熱い煎茶を一杯ずつ。丁度、新茶の時期なので、玉露の冷たいのを、小さなコップにサービスして頂きました。
そこは玉露。流石の味でしたけれど、値段を聞いてギョッとしました。
庶民の飲むお茶ぢやないよね、あれは。
結局、食事の時に飲む焙じ茶と玄米抹茶、抹茶の飴、綺麗な丸いお麩を買つて帰りました。

これは津久井へドライブに行つた時に買つた、お土産の餡パン。



「近くまで来てるなら、家に寄りなさい。」

と、翼のお父さんが。

まあ、近いつちやあ近いけどな。






  1. 日常

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。