FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


謹んで新春のお慶びを申し上げます。

【歳旦三つ物】

歳旦や百一匹のダルメシアン

一つ増えたる年玉袋

春の星ふたり暮らしの日日並べて


明けましておめでたうございます
今年も宜しくお願い申し上げます

結論から申し上げます。
姪つ子に翼を会はせました。
いつまでも俺が独り身でゐる事を、それこそ実の子のやうに心配してくれる姪つ子。
俺が心から愛する姪つ子に、同じやうに愛する翼を紹介したいと云ふ気持ちは、ずつと以前から有りました。

朋也にカミングアウトした時は、既に朋也と翼が知り合ひであつた事や、朋也に同性愛者の友達がゐた事に助けられましたけれど、今回はさう云ふ訳にはゆきません。
それでも、俺は会はせたかつたのです。
翼も色々と心配してゐましたけれど、俺の肉親に会つてみたい、恋人として認められたいと言つてくれました。

息子を婿くんに預け、実家近くの小さなカフェへ、姪つ子は約束通り、一人で来てくれました。
二人が対面した時、俺は情けないことに、直ぐに翼を紹介できませんでした。翼のことを何と言へば良いのか、判らなくなつてしまつたのです。
翼には本当に申し訳ないことをしたと思ひます。
少しの間、沈黙が続きました。気持ちばかりが焦つてしまつて、店内が禁煙なのも忘れて煙草を出さうとしてしまひ、姪つ子と翼から、同時に止められてしまふと云ふヘマをしてしまひました。

姪つ子が笑ひました。
翼も笑ひました。
姪つ子は鞄から小さなノートとペンを出して、何事かを書くと、翼に示しました。耳の聴こえない人だと云ふ事は伝へてありましたから、用意してきてくれたのでせう。

「初めまして。私はjabequeの姪の葉子です。」

ノートには、さう書いてありました。

翼はテーブル越しに姪つ子からペンとノートを受け取ると、その下にかう書きました。

「はじめまして。僕は〇〇翼といいます。平塚の出身で、実家には両親が二人で暮らして居ます。」

姪つ子は少し考へてから、翼の歳や、仕事はしてゐるのか等を質問しました。それから、自分の歳、結婚して子供が一人ある事、今は婿くんの仕事の都合で宮城に住んでゐる事等を話しました。
それから。

「私、おーちやん(姪つ子は俺をさう呼びます。)がずつと独りでゐるのは心配なの。良くないと思ふのね。」

「だから、もしも翼さんが一緒にゐて下さるなら、それは私としては安心。」

「翼さんがおーちやんの友達でも。恋人でも。」

ノートを読んだ翼が、目を見開いて俺を見ました。けれど、まごつくばかりで何も言へない俺に呆れたのか、ノートのページを捲つて、かう書きました。

「恋人でも?さうすると葉子さんの叔父さんはゲイということになりますよ。それでも大丈夫?」

うん、と姪つ子は頷きました。

「正直、困つたなつて、思つたよ。」

言葉に出して言つてから、同じ事をノートに書いて、更に、かう続けました。

「でも、私はおーちやんが大好きで、とても大切なの。絶対に幸せになつて欲しいの。だから、翼さんにおーちやんをお願ひしてもいいですか?」

「今日はその話をしに来たんでせう?」

翼はじいつとノートを見てゐます。
俺はそんな翼を何も言へずに見てゐました。
すると姪つ子が、テーブルの上に置いてゐた俺の手を、思ひ切り叩きました。

「おーちやん、しつかりしてよ!なんか今日のおーちやん、凄く格好悪いよ!」

そこまで言はれて、やつと俺は一言喋る事ができました。

「いいのか?」

全く、何て格好悪いんだろうな、俺。
ちやんと、紹介するつもりだつたんだ。

俺の愛する人です。俺が生涯掛けて守りたい人です。

つてさ。
“一生の不覚”つて、当にこの事だよな。
やり直せるものならば、やり直したい。

つまり、俺は全くの役立たずでしたけれど、話は丸く収まりました。
LINEの交換なんかしちやつてさ、先程、笑顔で帰宅しました。

なんだよー
なんだよ、俺はー
当分、立ち直れないと思ひます。

(T^T)




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:2

<<ドメスティック痴漢。 | BLOG TOP | ご無沙汰してをります。>>

comment

今年も宜しくお願い申し上げます。

  1. 2018/01/18(木) 21:07:40 |
  2. URL |
  3. きんぎょさんへ
  4. [ 編集 ]
文字通り、一生の不覚です。
伝えたい事や、その順番や、姪っ子がどう思うか等々、考え過ぎてしまって、言葉が出ませんでした。
ただ、恋人だと伝えれば良かったんですよね。シンプルに。
きんぎょさんのコメントが、優しくて沁みました。
それでも、やっぱり、格好良くキメたかったなぁ。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2018/01/05(金) 20:06:15 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。