FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


平成28年、終戦記念日に寄せて。

さよならも言へず帰らぬ人となるその哀しみを如何にとやせむ

稲田防衛大臣は、大臣就任以来、精力的に国内外の自衛隊基地や駐屯地の訪問をしてゐる。
何故か、とても楽しそうに見えるんだよな、これが。

この人が防衛大臣に決まつた時、一瞬、“適材適所”と云ふ言葉が頭に浮かんだ。全く、肯定的な意味ではなくて。
“国防女子”の異名を持つてたり、「日本独自の核保有」とか、「経験としての徴兵」とか言つちやふやうな人だからさ。

核保有国の代表みたいな米国大頭領が、核の無い世界を語るのに、核爆弾の被害に遭つた日本の防衛大臣が、核保有を語つちやふつて、どんなもんでせうね。
さう言へば、お国の為に戦ひたくないと言ふ若者を、“我儘”と表現したのも、この人のゐる党の議員だつたな。

子供達に知識としての戦争は教へずに、実地で教へようとしてゐるやうに思へて、背中が薄ら寒い心地になる。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<颱風のくるくるくると肥りけり | BLOG TOP | 平成28年、長崎原爆忌に寄せて。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。