FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


いいふうふの日。続き。

宿泊した旅館をホテルと表現したのは、規模だけではなく、設備面からの印象もあります。
居間の隣に襖で仕切られた小さめの座敷が有つて、そこが寝室になつてゐたんだけど、布団を乗せたロータイプのベッドが二つ、くつつけて置いてありました。
当然、中居さんが布団を敷きに来てくれるもんだと思つてたんだけど、これは良い。

着いたら直ぐにでも、「どうぞ!」つて事ですよね。

襖を開けて、珍しさうに覗き込んでゐた翼の背後に立つと、直ぐ様、襖を閉められてしまひました。下心たつぷりの何かが俺から溢れてゐたのでせうか。
長距離乗ると何故か元気になる俺は、そのまま雪崩れ込んでも良かつたんだけど、足湯でテンション上がつた翼を押し倒すのは大変さうなので、早々に諦めました。

いつものやうに、昼食は蕎麦をと思つて探してゐたら、翼も俺も、物凄く好みな建物を発見してしまひました。四角い箱のやうなシンプルなラインと、モノトーンの外壁に看板。近寄つて見ると、どうやらイタリアンの店らしい。

『チャイニーズかと思つた。』

俺もさう思つたんだよね。何故、さう思つたのかは判らないんだけど。
とにかく気に入つたから、昼はそこで食ふ事のしました。
俺はトマトの冷製パスタ、翼はチーズリゾットを食べたんだけど、冷製パスタはトマトの甘さとバジルの香りと、パスタのツルツルとした舌触りが絶妙で、一口食べるごとに楽しめました。翼のリゾットはサービスでチーズを追加して貰へるやうになつてゐて、チーズの大きな塊と、これまた大きなおろし金に大喜びでした。
サラダも美味かつたなあ。
レタスを千切つて生野菜を刻んだやうなサラダではなくて、色とりどりの小さな葉つぱがたくさん盛つてあつて、甘味、辛味、苦味をそれぞれに楽しめました。ドレッシングは何を使つてゐるのか聞いたら、岩塩と黒胡椒、オリーブオイル、レモンの搾り汁を、混ぜないでかけてあると云ふ事でした。
野菜を噛んだ時に、ふはりと花のやうな香りがするんだけど、それだけは「隠し味と云ふやつですね。」と笑つて教へてくれませんでした。

ワインも頼まうと思つたんだけど、前回、寝てしまつて残念な事になつたから、昼から飲むのは止めました。

せつかくホテルが「どうぞ!」つて言つくれてるんだからさ。

ホテルに戻つてから大浴場に出掛けた翼を、俺はシャワーを済ませて待つて居りました。

大浴場から帰つて来て、ベッドの上で、すつかりスタンバイオーケーな俺を見て、翼は呆れたやうな顔をしましたが、それでも片方のベッドに枕を二つ重ね、それに寄り掛かるやうに足を投げ出して座りました。
浴衣の裾から手を入れて下着に指を掛けると、翼は俯きながらも腰を浮かしてちゃんと協力してくれる。脱がされたい訳じゃなくて、手を突つ込まれてゐるのが耐へられないらしい。

何故、先に下着だけ脱がせるのかと言ふと、布地の上から、どこまで触つても下着に触れないのが、裸体を感じさせて良いんですよね。手を当ててゐる所から、体温が伝はつてくるのが気持ち良い。
俺は剥く時は下からなんだけど、浴衣は上からでも良いよね。

最近、翼に新しい男ができまして、スマホのロック画面から待ち受けから、全部その男なんですよね。これがまた、ガタイの良い金髪碧眼の色男で、俺もけつこう好みだつたりするんですよね。

エルヴィン・スミスつて言ふんですけどね、
その人。

体格差だとか、さう云ふのが良いらしいので、上から覆ひ被さつたり、俺の体の上に乗つけたり、押し潰したりと、色々してやりました。
手足を絡めてベッドに押さえつけると、何とか逃げ出さうと俺の体の下でもがくのが、凄く可愛いと言ふか、凄く興奮した。

「布団を敷きに来ないつて事は、夕飯の事とか、聞きに来るかもな。」

こちらへ顔を向けさせて言ふと、翼の体が強張る。

「あんまり暴れると、寝室の襖、開けるかもしれないな。」

俺が真面目な顔でさう言ふと、翼が首を上げて、足元の襖を見た。
例へそんな事になつても、声くらゐ掛けるだろ、普通。でも、さうやつて怯へる顔が、堪らない。
不安げに俺を見上げ、いやいやと揺れる小さな頤を掴んで、俺は晒された細い首筋に歯を立てた。翼の息が荒くなる。

「可愛いよ。」

俺の唇の動きを最後まで見ずに、翼は目を閉じた。俺を押し返さうとする、弱々しい翼の手を胸元に感じながら、俺はゆつくりと翼の腿を膝で割り開いた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 彼との事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。