FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


昔の男。

昔、某有名デパートに勤めてゐる男と付き合つてゐた事があります。
情けない話だけれど、金が続かなくて別れました。本当に良い男だつたんだよ、これが。

デパートの服飾小物の売場にゐるだけあつて、見てくれも、会話のセンスも良いし、何よりエロかつた。
愛だとか恋だとかそんな事よりも、とにかく俺を満足させてくれた。

先日、その男と再会しました。

「〇〇様!ご無沙汰致して居ります。●●でございます。」

彼はまるで昔の得意客でも見つけたかのやうに、俺に声を掛けてきた。
某デパートの中を歩いてゐた時の事だ。

「よく…覚へてましたね。」

「ええ、だいぶご贔屓にして頂きましたから。」

戸惑ふ俺に、彼は笑顔で続けた。
それから半歩近付いて、俺にかう囁いた。

「ちよつと抜けて来るから、待つててくれる?」

彼は転勤を何度か繰返してこの支店に戻つて来たさうで、今は外商部門の管理職なのださうだ。

「もう、定年まで転勤も無いし、2年前にこちらにマンションを買つてね、今はそこに住んでる。」

彼は俺が左手の薬指を凝視してゐるのに気づくと、記者会見の女優よろしく、指を揃へて綺麗な手の甲を見せた。

「へえ。女、抱けるんだな。」

何の気なしに言つたはずが、皮肉めいた口調になつてしまつた。
彼はそれに気づいたのか、目を細めて俺を見た。

彼はセックスの最中も、よく、かうやつて俺を見てゐた。それは俺を嘲るやうにも切ないやうにも見えて、とても俺を惹き付けたのだ。

俺が煙草の箱に手を伸ばすと、彼がその手に触れた。

「煙草、変はつてないんだね。」

「ああ。変へる理由もないしな。」

俺は内心の動揺を悟られないやうに作り笑ひを浮かべ、煙草の箱を握つて彼の手の下から引き抜かうとした。その時…

「ふふ。やつぱり、男がいい。」

彼の指が、煙草の箱ごと俺の手を握つた。指で手繰るやうにして、手首を掴む。

手入れのゆき届いた、骨ばつた長い指。瞬間、目眩のやうな高揚感があり、その後直ぐに罪悪感…後悔。

「恋人がゐるんだ。」

今度はちやんと、落ち着いた声が出て、俺は自分自身に安堵した。
彼は細めてゐた目を一瞬だけ見開くと、明らかにつまらなさうな顔で、へえ、と言つて手を放してくれた。

「奥さん、良い人か。子供は?」

「子供はゐないんだ。作らない約束だから。」

「そうか。」

会話はそれ切りで、俺達は別れた。














スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<タイトルなし | BLOG TOP | 初めの一歩。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。