FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


夫の背に張り付く衣や昼寝覚

陽盛りの道を歩いてきた身体をシャワーで鎮め、翼と冷たいシーツにくるまつた。

腕の中にすつぽりと収まつた翼は、いつになく積極的で、俺の裸の胸に唇を押し当ててきたりする。

『ドキドキしない?』

下から掬ひ上げるやうな瞳は、悪戯つぽい仕草とは裏腹に、不安げに揺れる。

「何が。」

俺が言ふと、彼はきゆつと唇を尖らせた。

『こんなにちかいのに。』

「ああ。」

拗ねると途端に子供つぽい顔になる。その愛らしいこと。
触れてゐる部分から、じはりと熱が甦る。抱き寄せると濡れたうなじから、俺と同じ石鹸の匂ひがした。
動物がするやうに、こめかみに鼻先を擦り付けて翼の匂ひを探る。指を絡めて柔らかく握ると、翼は俺の肩口に頬を当てた。

互ひの身体を重ね、擦り合はせ、互ひの身体の内の熱を吐き出す。俺はこの行為が大好きで、今まで相手を替へ場所を替へ、数へ切れない程繰り返してきた。

ただ、今までの相手は、総てを吐き出した後に何も残らなかつた。

翼のやうに、何も与へてはくれなかつた。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 彼との事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。