FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

無意識の意識。

ちよつと、嫌な事がありました。
嫌な、と言ふのは簡単なんだけど、もつと複雑な思ひがありました。

翼はご近所の年配のご婦人に頼まれて手話を教へてるんだけど、皆さん、それは熱心に通つて来て下さるさうな。

先日、一人の生徒さんの紹介で、新しい人が入つたんだけど、その人も他の人達と同じくらゐの年代の女性で、2回目のレッスンの後、紹介してくれたご婦人に、

「〇〇さんて偉いわ。」

と声を掛けた。

「偉いなんて、どうして?」

ご婦人が聞くと、その女性は、

「だつて、障碍者に理解が有るつて言ふか、役目を与へてあげてる訳でせう?一種のボランティアよねえ、これも。」

と言つたので、ご婦人は、え、と云ふ表情で、固まつてしまひました。他の生徒さん達も、戸惑ふやうにその女性を見ました。
翼はレッスンの教材に使つた雑誌やノートを片付けてゐたんだけど、場の空気が微妙に変はつたのを感じて顔を上げました。すると、生徒さん達にお茶を出してゐた翼のお母さんが、翼に手話で、後でねと言つたさうです。

微妙な空気のまま皆でお茶を飲み、その日のレッスンは終はりました。
そしてその夜、ご婦人が翼を訪ねてきました。
皆が帰つた後、お母さんから事の次第を聞いてゐた翼は、不愉快なやうな、悲しいやうな気持ちで、ご婦人を迎へたさうな。

「変な事言つちやつて、ごめんなさいね。」

ご婦人は女性の言葉を、まるで自分が言つたかのやうに、翼に謝りました。自分が紹介した手前、自分に責任が有ると思つたのでせう。
そして、自分や他の生徒さん達は、決して翼に対してボランティアをしてゐるとは思つてゐない事、寧ろ、ボランティアで手話を教へて貰つてゐるのだと云ふ事を話しました。

『あなたは何故、手話を習ひたいと思つたのですか?』

翼が尋ねると、ご婦人は、

「英語が話せたら外国人と話せるでせう。手話が出来たら、耳が不自由な人と話せるでせう。だからです。」

翼はご婦人の屈託のない明るい笑顔と言葉に、たちまち胸の支へが取れたさうな。

俺は件の女性がことさら差別的だとは思ひません。ただ、差別は意識してする場合と、無意識にしてしまふ物があるのだと思ひます。
また、差別してはいけないと思ふ余り、逆に差別になつてしまふ事もあります。

人はみんな違ふから、その違ふと云ふ事実だけを見られたら良いと思ひます。
手を貸せる人が、手を貸して欲しい人に手を貸す事が、当たり前の世の中になつたら良いと思ひます。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 障碍の事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<タイトルなし | BLOG TOP | ツンデレですか。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback