FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

青々と研ぎ上がる刃や梅雨晴間

シメジとスナップエンドウの味噌汁を作つてゐた時の事。
隣で茶碗を拭いてゐた翼が、ふと、手を止めて、シンクの中を覗き込んだ。やや眉を寄せ、ある一点を見つめてゐる。

「どうした。」

俺が聞くと、翼はあれ、と指を差した。

「どれ。」

見るとそれは、小さな小さな、1センチにも満たない、俎から溢れたシメジだつた。

「シメジだろ。」

翼は目を丸くして、俺の顔とチビシメジを見比べた。
どうやら翼は、チビシメジを何かの幼虫だと思つたらしい。

俺はチビシメジを摘まんで水で濯ぎ、鍋に放り込んだ。

「ほれ。虫入り味噌汁。」

『小学生か。』

翼はノートにさう書いて俺に見せました。そしてもう一言。

『もう、遊んであげないから。』

小学生か!


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 彼との事