FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

観察日記。

俺が小さい頃、と言ふか今もなんだけど、実家の台所のカウンターの端に、ガラス製のキャンディーポットが有る。
ママンによると、俺がまだ産まれる前、子供が姉貴一人の時に、観光地の土産物屋で買つた物らしい。俺の歳を考へたら、ちよつとしたアンティークだよな。
俺はそのキャンディーポットがとても好きだつた。

外遊びから帰つて来た時や、家族の手伝ひをした時に、ママンが、

「お一つ、どうぞ。」

と言つて、居間のテーブルにキャンディーポットを置いてくれるんだけど、そのキャンディーポットを自分で開けて、色とりどりのキャンディーの中から一つを選ぶと云ふ行為が、俺はとても好きだつたんだよね。
背が伸びて、自分で好きなやうにキャンディーを食べられる歳になつても、キャンディーポットを見ると、なんとなく楽しい気持ちになつた。今でも実家に帰ると、どんなのが入つてゐるか見る事があります。

先日、それをママンに言つたら、ママンもそのやり取りが楽しみだつたと云ふ事が判つた。

「なにしろ、たつた一つでせう。あなたが何を選ぶのか、とつても楽しみだつたの。」

ああ、ママン。
あのキャンディーポットに満たされてゐたのは、ママンの“愛”だつたのですね。

俺は親にはなれなかつたけど、そんなふうにママンと親子になれた事を、とても幸せに思ひます。
ありがたう。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<大人達へ。そして、自分へ。 | BLOG TOP | 一口サイズ。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback