FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

温泉に行つてきます。


夜明け前に出発。
暖かい所へ行きたいと言ふ俺の希望はガン無視で、以前、翼が行つた事があるらしい東北の温泉へ。

何故、寒いのにわざわざ寒い所へ行くかな。
来年は“リフレッシュ休暇”が取れるから、沖縄辺りに行きたいよなあ。

高速を降りて直ぐの蕎麦屋で朝飯にうどんを食べ、時間を潰す為にその辺を探索に出かけました。早過ぎてたいして店も開いてないから、海の方へ。
海岸を見下ろす駐車場に車を停めて、冬の日本海を眺めました。

『カモメつて、目つき悪いね。』

「肉食ふ奴は、大抵目つき悪いよな。」

とか、とりとめのない事を話しながら歩いてゆくと、海辺には付き物の猫がちらほら。
翼が手を出すと一応匂ひを嗅ぐんだけど、何も持つてゐないと判ると、そそくさと離れてゆきます。それでも翼は、愛想笑ひをしながら近付いて、写真を撮つたりしてゐました。

それから今日の宿へ。
部屋に荷物を置いて、早速、温泉に入りにゆきました。

温泉と言ふか、風呂で楽しみなのは、普段、滅多に見られない、翼のおでこが見られる事です。
柔らかい前髪を掻き上げると現れる、綺麗な丸いおでこ。童顔の翼が大人つぽく見えたりして、そそられるんだよなあ。これが。

昼の湯はなんとなく気怠くて、なんとなくムラムラしたりして、俺は一足先に部屋へ戻りました。
布団を敷いて横になつて翼を待つてたんだけど、早起きのせいか、長距離運転のせいか、眠気が…そのまま一時間くらゐ寝てしまひ、目が覚めた時には、枕元に散歩に行つてくると云ふメモと、缶コーヒーが置いてありました。

ムラムラ(´・ω・`)

暫くして、散歩から戻つた翼は、また温泉へ。俺はそのまま部屋でゴロゴロしてました。

夕食は旅館の中の寿司屋へ行きました。
部屋でまつたり食事をするのも良いんだけど、旅館の食事も美味いんだけど、メニューが盛りだくさん過ぎると言ふか、量が多いと言ふか、ここは夕食を選べるから、寿司屋の方を選ばせて貰ひました。

夕食後は少し休んで、翼だけまた温泉へ。

俺は翼を待つてる間に、また寝ちやいました(号泣)








スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事