FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

色即是空。

このところ、肩と言ふか首の付け根が凝つて仕方がない。
さう言ひながら首をゴリゴリ回してゐたら、翼が、

『気持ちいいコトしてあげる。』

と、言つてきた。
それは有難いとソファーから降りて床に座り、入れ替はりにソファーに乗つた翼に、肩を揉んで貰ひました。
最初は肩から腕の付け根を揉み解すやうに優しく、それから首筋や首の付け根をグイグイ指先で押し始めました。

これがまた、気持ち良いのなんのつて。
思はず、

「んー。」

と声が出てしまひます。
肩が格段に軽くなり、肘から下、特に指先がジンジンしてきて、血行が良くなつたのを実感しました。

そして何故か、某器官の血行も。

「疲れたろ。代はるよ。」

俺は振り返つて、一心に肩を揉み続ける翼の手を握りました。
翼は、ううん、と首を振ります。
それならと、俺は翼に言ひました。

「ぢやあ、もつと下も揉んで。」

翼は一瞬、ん?と云ふ顔をしましたけれど、ニッコリ笑つてソファーから降りてきました。
それから俯せになるやうに、俺を促しました。

(俯せになつたら揉めないぢやないか。)

俺は思ひましたけれど、そんな事を言つたら血を見るのは明らかです。
そして俺は、某器官の痛みに耐へながら、腰を揉んで貰ひましたとさ。

めでたし、めでたし。

(´・ω・`)


スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事