FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

いただきます。

「本当にいいの?」

誘ふ方も、誘はれる方も、曖昧なままベッドの上。

「いつもそんな事聞くんですか?」

冷静なふうを装つてはゐるけれど、その頬は緊張してゐる。
じつと見つめてくるくせに、見つめ返すと目を逸らす。ため息を逃すやうに、小さく唇を尖らせる。

「いや、そんな事わざわざ聞かないよ。」

肩を抱き寄せて、耳許で囁く。

「押し倒してみて目を閉じたら、そのまま頂く。」

腕の中で彼は微かに身動ぎをした。
言葉が見つからないのか、形の良い頤を揺らして頷く。

これでもう逃げられない。

俺は彼に判らないやうにほくそ笑んだ。大人ぶる彼はとても純粋だけれど、大人の俺はとても卑怯だ。
強張る身体をそつとシーツに横たへ、甘い香りのする首筋に唇を這はせる。
滑らかな肌を手のひらで撫で上げると、細い指が縋るやうに俺の肩を掴んだ。
その指に指を絡めてシーツに押さへつけると、彼は静かに目を閉じた。

見る間に胸は波打ち、固く結んだ唇が震へだす。
俺は直ぐにでもその唇に食らひ付きたかつたけれど、それよりも、緊張と羞恥に耐へる愛らしい姿を見たくて、もう一度聞いてみた。

「本当に、いいの?」

その瞬間、閉じてゐた目がはつと見開かれた。
俺の真意を測りかねてゐるのか、大きな瞳が揺れてゐる。

「冗談だよ。」

俺は悔しげに引き結ばれた、彼の唇に優しくキスをした。

新鮮だけれど粗野な素材を、羞恥や不安や苛立ち、さらに恋慕の情で調味する。
最も美味しく食べる為に、自分好みに調へてゆくのは楽しい。

そんな事はおくびにも出さず、俺は丁寧に愛撫を加へ、快楽だけを与へる。

やつぱり、大人は卑怯だ。











スポンサーサイト
[PR]

  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<肉! | BLOG TOP | 若い人は良いなあ。ハッハッハッ。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback