FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

汝が肌のただ熱さ以て答へよと絡めた指の先から溶けて

翼は俺の最後の恋。

『どうして僕なの?』

「そっちは?」

『僕は最後なんて言ってない。』

問いに問いで返せば、翼は意地の悪い笑みで返す。

翼を初めて抱いた時、引いてゆく興奮と快感の後に、一つの“問い”が残った。
“答え”ではなく、“問い”。
そんな事は初めてだった。

聞こえない、話せない人を抱くのも初めてで。

肌と肌の擦れ合う音、シーツを掻く音、合わせた唇の中で舌を吸う音、不器用な息継ぎの音や、喉を絞る悲鳴の様な、絶頂の声。

涙の跡。

もしかしたら、もう、その問いの“答え”は出ているのかもしれない。
それならば、“理由”は判っても、判らなくてもいい様な気がする。




スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<明日から仕事。 | BLOG TOP | 虫の音の湯に溶け入るや北の宿>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback