FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

思秋期。

中学の同窓生が亡くなつた。自殺だつたらしい。
報せてくれた友達は、亡くなつた人と同じ部活で、高校生の頃までは付き合ひが有つたと言ふ。

俺達が子供の頃は、今からは想像できないくらゐ子供がたくさんゐて、一学年、12クラス有つた時も有つたから、同じクラスにならないまま卒業した人もけつこうゐた。
亡くなつた人も、たぶんそんな感じで、名前を言はれても顔を思ひ出せなかつた。

理由は判らないさうだ。
家族はもちろん、友達も会社の人も思ひ当たる事は無く、遺書は奥さんに宛てた物が一通有つただけで、内容も、子供達を頼むと一言だけ。
人知れず悩んでゐたのか、それとも…

「色々有るもんな。俺達の世代はさ。」

今度飲まうぜと言つて、友達からの電話は切れた。

「色々有るもんな。」

呟いてみても、死んだ奴の気持ちは判らなかつた。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<平成26年、広島原爆忌に寄せて。 | BLOG TOP | 犬を飼ふ。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback