FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

接吻の刹那を分かちあふ人がそが君なれば永遠と知りたり

飯食つた後、床に寝転がつてたら、翼が台所へ立つた。珈琲でも淹れるのかと思つたら洗ひ物を始めたから、そのまま寝転がつて見てゐた。
いつもは俺がやるんだけど、うちに慣れてきたのか、たまにやつてくれるやうになつた。

なんつふか、良いなあ、かう云ふの。
もう、ずつと前からさうしてきたやうな、不思議なデジャヴ。

暫し見惚れてゐたら、翼がケトルを指差した。
俺は起き上がつて、珈琲を淹れる為に翼の傍へ行つた。洗ひ物をしてくれたからではなくて、一緒に何かしたくなつたから。

俺はマグカップを出してから、グラスを濯いでゐる翼の腰に手を回した。
翼は俺を軽く睨んでから、水を止めて目を閉じた。

叶へられない永遠を願ふ一瞬。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<お勤めはどちら? | BLOG TOP | エロ親父ですから。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback