FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

真夏の怪談。

朋也は田舎で伸び伸びと育つたせいか、生まれつきなのか、やや、天然気味な所が有る。

翼が来てゐる時、翼が朋也に俺の物真似(煙草を咥へてゐるのに、缶コーヒーを飲もうとしてしまつて慌ててゐる所とか。)をやつて見せてゐたんだけど、それを見た朋也が、似てると一頻り喜んだ後、

「翼さんて、本当に○○○さんの事好きですよね。」

俺は一瞬、咥へてゐた煙草を落としさうになつた。
心臓が縮み上がり、冷や汗が湧いてくる。

俺は朋也に気づかれないやうに、台所から二人の方を窺つた。
朋也の背中越しに、翼の穏やかな笑顔。翼は俺に気づくと、視線だけで頷いて見せた。

朋也の中には、疑ふどころか身近にセクシュアル・マイノリティーが暮らしてゐるなんて意識は無いんだらうな。
同性愛者や性同一性障碍、トランスジェンダー等、知識は有つても実際に知り合ふ事は滅多に無いだらう。

まあ、知らずに知り合ふ事は有るだらうけど。

いやあ、吃驚したあ(^ ^;



スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<アイドルは君だ! | BLOG TOP | 絶対領土。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback