FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

風に乗る日。

「○○さん?○○せんせ?」

バス停でバスを降りた俺に駆け寄る若い女性と、待ちなさいと慌てた声で後を追ふ母親らしき女性。

「せんせ!せんせ!」

俺の両手を取り、ブンブン揺らす笑顔には見覚へが有つた。

「●●ちやん、元気だつた?」

抱きついてこようとする彼女を抑へて顔を覗き込むと、長い睫毛に縁取られた瞳がニーッと細くなる。
俺は記憶の中の少女より、ずいぶん背の高くなつた彼女と腕を組んで、息を切らせてゐる女性に挨拶をした。

「ご無沙汰してます。●●、今、働いてるんですよ。」

その女性、彼女のお母さんの言葉が終はらない内に、彼女が話し出した。
養護学校を卒業後、某企業の特例子会社に入社した事、仕事の内容や会社の約束事等、それは楽しさうに話してくれた。
ひとしきり話すと、彼女は肩に掛けてゐた鞄からマグを出して飲んだ。
熱中症対策とかで、それも会社の約束事なのださうだ。

「夢、叶ひましたね。」

思へ出話を幾つかした後、俺はお母さんに言つた。
働いて給料を貰ひ、それを自分の為に使ふと云ふ生活をさせてやりたいと、いつも言つてゐたから。

「あの子、頑張つたもの。今も頑張つてるし。」

さう言ふお母さんの笑顔には、たくさんの思ひが詰まつてゐるやうな気がした。

ジブリのアニメが好きな彼女は、今でも『風の谷のナウシカ』の歌が大好きで、よく歌つてゐるさうだ。

彼女の心が、いつまでも風のやうに自由で在りますやうに。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 障碍の事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<俺の… | BLOG TOP | タイトルなし>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback