FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

運命の分かれ道。

ピアスを開けると運命が変はると言ふ。
良くなるのか、悪くなるのかは判らないけど。

翼は最初にカナダへ行つた後に開けたさうだ。
向かうで開けたんぢやなくて、日本に戻つてから、こちらの友達にピアッサーで開けて貰つたらしい。

と云ふ事は、カナダへゆく事は、翼の運命だつたのだらうか。そしてその後、カナダに住む事も、初めから決まつてゐた事なのだらうか。

翼によれば、あちらへ移住したり、仕事をしたりする事を考へたのは、ピアスを開けてからだから、それはピアスの効果らしい。

「俺と出逢つたのは?」

俺が聞くと、翼は笑いながら首を傾げ、考へるふりをした。
答へを促すやうに俺も首を傾げる。

『わからない』

翼はノートにさう書いて見せた。
それから続けて、

『でも、運命はそっちから来た』

さう書いて翼は、俺を指差した。

「え?」

俺が固まつてゐると、翼は照れたやうに頬を膨らませ、指差した指で俺の肩を突いた。

「痛いよ。」

俺は俯いたままで俺を突く翼の頬を指先で撫でて、顔の前でゆつくりと唇を動かして見せた。

実際、かなり痛かつた。

肩も、胸も、泣きさうなのを堪へたこめかみも。

「俺は絶対に、ピアスは開けない。」

翼は泣きさうな顔で頷いた。





スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<コミュニケーション。 | BLOG TOP | 消費税の馬鹿野郎ー。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback