FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

真冬の真夜中にトイレにゆくと…

先日、同僚が体験した話。

同僚が某高速を使つて実家に帰つた際に、とあるサービスエリアに立ち寄つた。
そこでトイレを使つたのだけれど、用を足して手を洗つてゐる時に、突然、自分のゐた場所から二つ離れた、一段低くなつた、子供や車椅子用の蛇口から、勢い良く水が流れ出した。

もちろん、手洗ひ場にゐたのは、同僚ただ一人。

サービスエリアやパーキングエリアの手洗ひ場は、殆どがセンサー付きの自動水栓だ。
折しも時間は午前3時頃。
同僚は気温以外の寒さを感じて、急いで車に戻つたと言ふ。

恐いよう。

実は、何年か前に、似たやうな体験をしてるんだよなあ。
真夜中のサービスエリアのトイレで、ドアの開いてゐる個室から、ザーッと水が流れる音がしたのです。

実際に水が流れたのかどうかは、確認してないけどね。

その時は、気のせいだと自分に言ひ聞かせて、それ以来、思ひ出さないやうにしてたんだけど、同僚の話を聞いて、記憶がありありと蘇つてしまひましたよ、この野郎。

恐い話が、恐い恐い話になつてしまつた。



スポンサーサイト
[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<タイトルなし | BLOG TOP | タイトルなし>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback