FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

いらつしやいませ、こんにちは♪

コンビニには、毎日、様々な客が訪れる。
たまには虫の居所が悪いのか、店員に八つ当たりのやうな事をする客もゐたりする。

先日も、入口から既に苛々してゐる客がゐて、ぶつぶつと呟きながら店内をうろついてゐた。
そしてその客は、カゴを持つてレジへとやつて来た。
カウンターに乱暴にカゴを置くと、バイトの女の子が笑顔でその客を迎へた。

「いらつしやいませ。お客様、Tポイントカードはお持ちですか?」

客は横柄な態度で言つた。

「そんなもん、持つてねえよ。それより早く…」

しろよ、と朋也には聞こえたさうだ。
女の子は20数点の商品をとつくにスキャンし終へ、袋に入れて笑顔で客に告げた。

「○○円になります。」

客は一瞬固まつたが、直ぐに立ち直り、女の子が纏めた袋の持ち手をふてぶてしい態度で解いてしまつた。

「箸は?ヨーグルトだつてスプーン無しぢや…」

女の子の愛らしい声が響いた。

「お箸を2膳と、スプーンを3つお付けいたしました。」

客は袋を掻き回しながら言つた。

「箸は二本だぞ!?弁当を二個買つ…」

「はい。お入れしました。」

箸を探し当てたのだらう、客はまた固まつた。
女の子は笑顔で言つた。

「○○円でございます。」

客は歯軋りしさうな勢ひで財布から札を出すとカウンターに叩き付けた。

「ほら!」

「お客様、恐れ入ります。お後、○○円でございます。」

客は小銭入れを開け、カウンターの上に小銭をぶちまけた。

「こ、此処からとれ!」

女の子はカウンターの上の小銭に目を走らせると、失礼しますと言ふが早いか必要な分を指先で選り出した。

「ちやうど頂戴いたします。此方、お品物でございます。」

女の子は、ありがたうございましたと客に一礼すると、笑顔で隣のレジを開けた。

「大変お待たせいたしました。此方のレジへどうぞ♪」

並んでゐた客が、件の客を睨み付けたり、薄ら笑ひで見やりながら隣のレジへ移動してゆく。
客は急に勢ひが無くなり、背中を丸めて小銭を掻き集めた。

ああ云ふ態度をとる客が、俺は不思議でしやうがない。
ああ云ふ人を見ると、なんだかとても寂しい気持ちになる。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<今までに一番、興奮したセックスは? | BLOG TOP | 某私鉄の駅ビル内のマクドナルドにて。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback