FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

初・職務質問。

仕事中に、携帯に電話がかかつてきた。
警察から。
朋也が俺の自転車に乗つてゐて、お巡りさんに止められたらしい。

「すみませんけど、住所は合つてるんですが、防犯登録のお名前が違つたので、念の為に確認させて頂きたいんですけど。」

との事。
朋也は俺の名前も言つたのだらうけど、俺と朋也は親子でも親戚でもないのだから仕方ないよな。

俺は、お手数をお掛けして申し訳ありませんと詫びてから、先の震災からの朋也の事を、かいつまんでお巡りさんに話した。

するとお巡りさんは、ため息混じりに、ご苦労様ですと言つた。
お巡りさんのご親戚も岩手で被災されたさうだ。

俺は朋也に代はつて貰つて、疑ひが晴れた事と、これも仕事だからと朋也に伝へた。

「判つてる。大丈夫だよ。それよか仕事中にごめんなさい。」

「いいよ、こつちも大丈夫だから。」

朋也の声は少し硬かつたけれど、疑ひが晴れてホッとしたやうだつた。

帰宅してから朋也にその後どうなつたのか聞くと、若い子にしては古い(ボロい、ダサいの意。)自転車に乗つてゐたから止められたのだと云ふ事だつた。
お巡りさんからは丁寧な謝罪が有り、尚且つ激励されたらしい。
お巡りさんに声を掛けられるのが初めてだつた朋也は、少し緊張したけれど、お巡りさんも仕事だからと納得出来だと言つてゐた。
朋也の初体験が嫌な物にならなくて良かつた。

お巡りさんにも色々ゐるからな。

自転車、買つてやらうかなあ。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<某私鉄の駅ビル内のマクドナルドにて。 | BLOG TOP | タイトルなし>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback