FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

過去の恋。

「どこで、どうやって知り合うの?」

「何と。」

アバウトな質問に俺が聞き返すと、翼は心底嫌そうな顔でノートにペンを走らせ、俺に突きつけた。

「男」

男…
俺は頭を巡らせ、凡そこれではないかと云う答えを言ってみた。

「彼氏って意味?」

首を傾げて疑問を表すと、翼はコックリと頷く。

「色々だ。」

そう答えて、俺は煙草をとった。

「色々って?」

翼が食い下がる。
正直、面倒くせえなと思ったのだけれど、それは即、翼に伝わったらしい。

「別にいいんだけど。」

続けて乱暴な文字が走った。

「良くねえだろ。」

俺は煙草を諦め、翼の肩に手を回して引き寄せた。
拒否されると思ったのに、その身体は意外にも、何の抵抗も無くふわりと俺の腕の中に納まってしまった。
そのまま俺の上着の中に手を入れて、
ぎゅっとしがみつく。

「そんな事聞いてどうすんだよ。」

俺は翼の頭に顎を乗せて呟いた。その僅かな振動に、翼が顔を上げた。

「ぼくはどこらへん?」

翼は俺の手を取り、手のひらに指でそう書いた。
これまたアバウトだが意味は伝わった。
しらばっくれられないと思い、俺は翼と視線を合わせた。

しらばっくれようとも思ってなかったけどな。

「今まで付き合った奴の中でか。」

真剣な目が俺の唇を見つめ、それから目を見つめる。

なんて愛おしいんだろう。

俺がうっとりと見つめ返すと、答えを促す様に翼が肩を揺すった。
まるで小さな子供が地団駄を踏む様な仕草に、俺はただ見惚れた。

「俺は、こんなに長く、一人を好きで居た事は無い。」

翼の瞳に小さく不安が過る。
物言いたげな指先が、俺の指に絡んだ。

「俺にはおまえが一番で、最後の恋人だ。」

愛していると続けようとした時、再び翼がしがみついてきた。
俺の胸に顔を擦り付ける様に首を振る。

信用していないのか、答えが間違っていたのか。

やがて、それが止むと、それきり翼は静かになった。
泣いた後の子供の様に熱い頭を、俺はずっと抱いていた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<タイトルなし | BLOG TOP | 独り占め。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback