FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

変なをぢさん。

近所のよく行くコンビニで、赤ら顔の爺がバイトの女の子に絡んでゐた。

「どうせ遊ぶ(バイトしても)金になつちまふんだろ?」

「学生が勉強しないでどうすんだよ、遊んでばつかでよお。」

後ろに並んでうんざりしてゐると、突如、背後から声が響いた。

「大変お待たせ致しましたあ!!」

最近入つた女の子である。
彼女は胸に抱えた煙草の包みをガバッと置くと、ピカピカの笑顔で隣のレジを開けた。

「お待たせして申し訳ありません!!二番目のお客さまからどうぞ!!」

爺は呆然とその子を見て、それから初めて自分の後ろを振り返つた。

自分を睨み付けながら、隣のレジへ移動する人・人・人…

俺は後ろに並んでゐた男の子に、どうぞと声を掛けてから、そのまま爺の後ろに立つてゐた。
爺は俺を見上げて暫し固まつてから、やおら自分の荷物を持つてレジを離れた。

「よく来るの?ああ云ふの。」

女の子は遠慮がちに笑つて、小さく、いいえと答へた。

「大人は疲れてるんだよね。色々有つてさ。」

俺はチロルチョコを二個買つて、お疲れさんと二人に渡した。

俺も“変な客”として、バイトの子達にインプットされてるんだらうなあ。

愉しいなあ。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<箱根路。 | BLOG TOP | タイトルなし>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback