FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

板塀の黒々匂ふ秋驟雨

秋ですねえ。
昨夜の雨に濡れた道に、枯葉に混じつて青い団栗が転がつてゐる。出勤途中でなければ、そのまま見てゐたいやうな美しさだ。
気持ちが華やいで、嬉しい気持ちのままバスに乗り込んで、翼にメールを送つた。

「おはよう。今朝も変わらず愛してゐるよ。」

バスを降りて電車に乗り、会社に着く頃に返信が有つた。

『朝から恥ずかしいから止めて。
どんな顔をして打つてるの?』

「顔が見たいつて事か。」

今度は速攻で返信。

『バカ』

それからもう一つ返信。

『愛してる。バカ!』

バカだから、思はず保存しちやつたさ。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事