FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

ほろほろと水路に溶けて十三夜

台風が去つて、一気に秋の空気になつた。朝晩はもう寒いくらゐ。

いつも寝る前に、ベランダに出て一服するんだけど、涼しい風に吹かれて煙草に火を点け、深く吸ひ込みながら顔を上げると、そこには十三夜の美しい月があつた。

十五夜には敵はないとは言へ、透き通る豊かな光は静まる街並みを浸し、夜を深めてゆく。
アパートの屋根の庇から落ちる影は濃く、何かが潜んでゐても判らない。
吐き出す煙草の煙が風に乗つて流れてゆく。
その行方を追つてゐたら、自分の中が空つぽになるやうな不思議な感覚になつた。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<お月見デート。 | BLOG TOP | 颱風一過。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback