FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

恋人の蹠や白き秋の雷

午後の内に止んだ雨が、夜半過ぎからまた降りだした。
闇夜を切り裂く様に稲妻が白く閃き、少し遅れて雷鳴がシンバルの様に空を震わせる。

ぐっすりと寝込んでいる翼の身体が冷えている事に気づいて、タオルケットをかけ直してやった。
閨の薄闇の中で目を凝らすと、タオルケットの下の胸が、すうすうと規則正しく上下している。

生きている、と唐突に思った。

翼は未熟児だったそうだ。今は健康そのものだけれど、子供の頃は発育が遅い事や低血糖、腎臓にも心配が有ったらしい。
今は聾唖である事以外は、殆ど問題無い。
よく食べ、よく笑い、仕事も持っている。

そしてこの、エロい身体はどうだ。

首や手足はだいぶ日に焼けたけれど、服に隠れる部分は相変わらず白い。
パジャマを捲って確認してやろうとしたら、危険を感じたのか、くるりと寝返りを打って俯せになりやがった。

パンツ下ろしてやる。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<タイトルなし | BLOG TOP | ノロケます!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback