FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

その一言が聞きたくて。

俺は自他共に認める、大変に礼儀正しい人間なので、挿入する際にも挿れても良いかと聞きます。
たつぷりと濡らしたそこにモノの先つぽを押し付けて揺らしながら、「挿れていい?」つて。
本当は早く突つ込みたいんだけど、一応聞かないとね。

でも、直ぐには答へないんだよね。恥ずかしいみたいなんだけど、やつぱり返事を貰はないとさ。ひとの身体に勝手に押し入るなんてさ。

アナルを突ついたり、先つぽをめり込ませたりしてゐる内に大抵はお許しがでるんだけど、それでも遠慮深い俺は、はつきりとした返事と言ふか、許可が欲しいんだよね。

「挿れて。」

って言つて欲しい。
もちろん、そのやり取りでしらけちやつても嫌だから、大概にはするけどさ。
もう、欲しくて欲しくて、どうしやうもないと云ふ風情で発せられる、その一言が堪らない。
しつかり御奉仕しようと云ふ気になるんだよなあ。

ほら、俺つて尽くす男だからさ。
して欲しい事をしてあげたい訳。

別に焦らしたり、苛めたりしてる訳ぢやないんだよ。

本当だよ。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<太宰忌 | BLOG TOP | やつちまひました。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback