FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

コンビニ・スウィーツ

啓太がコンビニでバイトしようかなとか言つてるんだけど、無理だと思ふ。俺はね。

朋也がよくバイト先の話をするんだけど、なにしろ年寄りの客が多くて驚いたらしい。
朋也の実家の方では、自分の祖母も、近所の年寄りも、殆どコンビニには行かないさうだ。

「都会は独り暮らしのお年寄りが多いから、何でも一人分で買へるコンビニは便利なんだろな。」

さう俺が言ふと、朋也はうんうんと頷いた。

年寄りだけぢやないけどな。

例へば弁当やサラダなんか、割高なやうに思へるけど、何種類も食材を揃へて余らせる事を考へたら、こつちの方が経済的ぢやないかな。

ところで、仔猫ちやんが辞めた後、夜勤と深夜勤の時間帯のバイトが今一つ面白くない。
店長は夕勤が集まらなくて困つてるらしいけど、俺は夜勤と深夜勤に期待を掛けてゐる。

どうか、可愛い子が入りますやうに。

この前、駅で仔猫ちやんを見掛けたけど、相変はらず可愛かつたなあ。
なんだか後ろめたくて隠れてしまつた。
何をやつてるんだらうねえ。このオッサンは。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<一刀の如くおらびぬ春疾風 | BLOG TOP | 大なゐの記憶や今も冴返る>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback