FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

ある春の夜に。

満ちる
満ちる
想ひ溢れて立ち止まる
踞る

満ちる
満ちる
君が満ちる

今 私の中に
君が満ちる

まるで浅瀬へと浮きくる魚のやうに

呼吸を奪はれ
視界を奪はれ

四肢余すところ無く
心の内の隅々までも

満ちる
君が満ちる

春の星が流れる
スポンサーサイト
[PR]

  1. 詩歌
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<間抜けの小足。 | BLOG TOP | タイトルなし>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback