FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

お嫁さんにしたい。

同僚達と、昔よく言つた「お嫁さんにしたい女優さん」は、今ならさしづめ誰だらうかと話してゐたら、何故か俺の好みの女の子はと云ふ話になつてゐた。

「俺はつまらない奴だから、直ぐに愛想尽かされちまふよ。」

なんて適当に誤魔化してゐたら、うちの女の子の中で一番真面目な洋子ちやんに、

「そんな事言つてるから、課長はいつまでも結婚できないんぢやないですか!」

と怒られてしまつた。
呆気にとられる俺。

同僚達は、

「おつ、洋子ちやんも言ふねえ。」

「さうだよねえ、駄目だよねえ。」

と大喜び。

中には、

「さうだ。洋子ちやんがお嫁さんになつてあげたら?」

なんて馬鹿な事を言ひだす奴まで。

処が洋子ちやんが、

「父に聞いてみます。」
なんて言ふもんだから、同僚達は大爆笑。
A沢まで端末の影で肩を震はせてゐる。

俺は殊更冷静な声で、洋子ちやんに言つた。

「そんな事をいきなり言つたら、お父さんが吃驚しちやふよ。」

それに、と俺は、洋子ちやんの目を見た。

「結婚出来ないんぢやなくて、しないのかもしれないでせう?」

「すみません…」

洋子ちやんは何故か顔を真つ赤にして、自分の席に戻つた。

お嫁さんかあ。
洋子ちやんなら、さぞかし素敵なお嫁さんになるだらうな。

処で、“ようこ”つて云ふ名前の女の子に、おつぱいの大きな子が多いやうな気がするのは俺だけだらうか。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 職場
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<だから何だと言はれれば。 | BLOG TOP | タイトルなし>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback