FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

夕飯を作つて貰つた。

翼が夕飯を作つてくれる事になつた。
カナダでは自炊をしてゐる訳だから、料理は出来るんだけど、今までは“お客様”だつたから、飯なんて作つて貰ふのは初めて。
コーヒーくらゐは淹れてくれるけど。

驚いたのは俎を使はない事。
馬鈴薯なんか、剥きながらスパスパとカットしてゆく。
あつちではそれが普通なのださうだ。

しかも、俎は不衛生ではないかと言ひやがる。

処が、ある食品を前にすると、急に俎を貸せと言つてきた。

「不衛生なんだろ。」

ニヤニヤ笑ひの俺に、翼は眉をひそめる。
俺はその食品を徐に手のひらに乗せ、賽の目に包丁を入れた。

狭い台所で並んで料理をしてゐると、もう、ずうつとさうしてゐたやうな気分になる。
“今”を噛み締める俺の隣で、翼は何を思つてゐるのだらう。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事