FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

遠い空の下。

12月になると予約が取り難くなるし、運賃も高くなるとかで、翼が一度カナダへ行く事になりました。
先月から決まつてゐた事だし、仕事の諸々や、手続きをしてくるだけなんだけど、どうしても不安で、そはそはと落ち着かない日々を過ごしてゐる。

「帰つて来るんだらうな。」

さう言ふ俺を翼は不思議さうに見返す。
離れてゐる事が普通だつた関係が突然近くなり、それに戸惑ふ事も多かつたけれど、また離れるのかと思ふと、それも耐へ難ひ。

なぜ俺を選んだのか、いつ俺を好きになつたのかと、つまらない事を問ひ詰めたくなる。

俺にとつては“つまらない事”なんかぢやあないんだけどさ。

肩に顎を乗せて、総身をぴたりと重ね合はせるやうな抱擁。
俺よりも、手も、体も小さな翼に、すつぽりと包まれるやうな気分になる。

この心地好さを手放したくない。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事