FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

視姦。

一日中、奴の事を考へてる。
傍にゐても、傍にゐなくても。

翼は耳が聞こえない分、その他の感覚が鋭い。嗅覚や触覚、それから気配のやうな物にも敏感に反応する。
例へば背後からジッと見つめてゐると直ぐに振り向く。

無造作に捲り上げられた、ナイロンのパンツの裾から覗く細い足首。
ダブダブのシャツ越しに見え隠れする、華奢な背中のシルエット。
綺麗な後頭部のライン。
つい、犯すやうな目で見てしまふ。
途端に奴は振り向いて、今見てたでせう、と咎めるやうな目で俺を見るのだ。

愛おしい者がすぐ傍にゐるのに、それを見ずにゐられようか。

昨夜、無理矢理に抉じ開けられ、俺のペニスを受け入れた唇がやや不満気に尖る。
跡が付かないやうに、タオルを巻いてベルトで縛つた手首が翻り、透明な水を飲み干す。

それを見る時の淫靡で背徳的な快感。

見ないではゐられない。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 彼との事