FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

街路樹の若葉分けたるバスの屋根

全く知らない人に携帯を貸した。

バス停でバスを待つてゐた時、隣に立つてゐた男の子が、急に鞄やポケットをごそごそし始めた。小さな声で、あれ、とか、えー、とか言つてゐる。
暫くごそごそしてから、男の子は諦めたやうに俺に声を掛けた。

「すみません。あのう、もし携帯をお持ちでしたら貸して頂きたいんですけど。」

今にも泣き出しさうな顔に、俺は思はずどうぞと携帯を差し出した。

「ありがたうございます。」

男の子は頭を下げながら礼を言ふと、急いで何処かへ電話を掛けた。
処が通話の途中でバスが来てしまひ、男の子は通話を切り上げると、携帯を持つたまま、俺とバスに乗り込んだ。

「もういいの?」

「あ、はい。」

男の子はまた礼を言ひながら頭を下げ、俺の手に携帯を返しかけて、あ、つと声を上げた。
男の子はすみませんと言つて携帯を開けると、ジーンズのポケットからハンカチを出して携帯の通話口を拭き、恥ずかしそうに携帯を返して寄越した。

普通、携帯を借りたら通話口つて拭いて返すものなのでせうか。

俺はその仕草に却つて男の子の匂ひのやうな物を感じた。
なんだかその子とキスでもしたやうな気分になつてしまひ、午後中ムラムラして困つた。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<雨音。 | BLOG TOP | 負けました。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback