FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

水草系男子。

“草食系男子”と云ふ言葉が巷で言はれるやうになつて久しいですけれど、普段から地味でヘタレで大人しい俺なんぞは、その典型ではないでせうか。
処が俺がさう言ふと、A沢女史が即座に異を唱へた。

「ちよつと違ふのよねえ。さうねえ、草食系と言ふよりは…」

そこでA沢女史は顎に人指し指を当て、俺の顔を見つめた。

「草食系と言ふよりは、水草系かしら。」

「は?」

つまり、世の中の流れのなすがままになつてゐる姿が、川の流れに身を任せる水草のやうだからだそうです。
多少は日和見主義的な所が有るのは認めますけれど、そこまで酷くはないと思ふんだけど。
そこまでは。

「まあ、涼しげでいいよね、水草も。」

さう同僚が慰めともつかぬ言葉を掛けてくれましたけれど、内心はかなり複雑でした。

おやつに配られた薄皮饅頭のお尻を、同僚の分だけ指で押しておきました。


スポンサーサイト
[PR]

  1. 職場
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<拍手御礼。 | BLOG TOP | 未来への投資。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback