FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

春寒し御世は令和と定まれり

出典が万葉集だからか、それとも、世のお祝ひムードのせいなのか、平成になつた時よりも、何故だか初めから馴染み易い気がする、令和。

翼が訳してくれと言ふので、令和の引用元である万葉集の一節をささつと訳してみた。

早春の二月。この素敵な月に風は柔らかにそよぎ、ドレッサーの前の御粧しガールの白粉のやうに梅は咲き、他所行きのドレスに燻らせたパヒュームのやうに蘭は香る。

かなり、自分好みな訳になつてしまつたけれど、天皇から防人まで、立場や年齢や性別を超へて詠まれた人々の暮らしの記憶は、とても愛惜しく、とても大切な物だと、改めて感じました。




  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0
スポンサーサイト
[PR]


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY