FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

人の話は、最後まで聞くものです。

ドライブがてら、豊洲の新市場(予定)を見てきた。

恐竜橋(東京ゲートブリッジ)を渡つて、市場と公園の間の道を通つて来たのだけれど、市場と言ふよりも、工場か物流倉庫と云ふ印象を受けた。
外見的には、大変に立派でした。

最近、とても気になるのが、小池東京都知事を指して言ふ、“決められない知事”と云ふ言葉のくだらなさ。
営業や企画の仕事をしてゐる人は判ると思ふけど、ある事柄を決める会議で、いきなり、結論から言ふ人がゐるだらうか。
プレゼンの手法としては、場合に依つては無い事も無いけれど、結果はともかく、先ずは意見を出し合ふよね。その意見が突拍子のない物であつても、それに刺激されて、新しいアイデアが生まれる事を経験上知つてゐるから、いきなり却下はされない。
ただ、それがそのまま採用されるとも思つてゐない。
それが豊洲の問題では、小池都知事が何か発言する度に大騒ぎになる。
未だ、アイデアを投げてゐる段階なんぢやないかと思ふんだけど。

築地の豊洲への移転に関して、国も都も、全く自分達の事を考へてはゐなかつたと判つた時の、市場関係者の落胆や悔しさは、如何程の物だつたらうか。

築地で働く人達が長い間守つてきた、安全や安心は、第一に受け継がれるべき物だと思ふ。
オリンピックは一時の物だけれど、市場はこの先もずつと必要な物なのだから。

築地を守る神様。

  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY