FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


春のスイーツ祭。

春のイベントと言へば、“恵方巻”でもなく、“イースター”でもなく、“バレンタイン”だよね。

相変はらず、外へ出して貰へなくて、チョコの数は増えません。
外回りすると、たくさん貰へるんだよ。

義理チョコだつて、チョコはチョコだからね。

今年のチョコ。

マカロンの流行りは終はつたのか。

翼からは手作りの“ガトーショコラ”でした。「帰つて来てからね。」と言はれたんだけど、ゴネて一切れ貰つた。

帰つて来てからも、ゴネまくつて「あ~ん♪」して貰つたんだけど、そつちは撮るの忘れたから、翼が撮つた画像を借りました。

諦めないつて大事ですね。

翼の方は、最近では、慣れたのか、諦めたのか、大抵のお願ひは聞いてくれます。
「諦めが大事。」ださうです。

さて、今日は“ホワイトデー”ですけれど、今年は干菓子にしました。
四季の花と、ハートや四つ葉のクローバー、小鳥のモチーフの、小さな干菓子の詰め合はせを見つけたので、それと大判のハンカチを。周りをレースで囲んであつて、食事の時等に、膝に掛けられるサイズとのこと。
デパートのお姉さんに相談して、アドバイスを頂きました。

日頃の感謝を込めて…

来年も宜しくね!



  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!


謹んで、新春のお慶びを申し上げます。

【歳旦三つ物】

鶏旦や手話にて述ぶるおめでたう

初陽染めたる食卓の椅子

花吹雪二つと同じ生もなし


昨年中は、大変、お世話になりました。
本年も宜しくお願ひ申し上げます。

四十になつた時、俺は人生の折り返し地点に立つてゐると感じたけれど、五十を越へて、今一度の春を過ごしてゐる。






















  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:1


向こう三軒両隣。

先日の地震には、本当に胆が冷えた。
地震の大きさよりも、場所だ。“東日本大震災”の被災三県ぢやないか。しかも、マグニチュードは阪神大震災クラスで、津波も観測された。
電車がどうなるか判らないから、取り敢へず早めに家を出る事にしたけれど、大きな地震の時は、短時間の内に大きな余震の有る事が多い。翼と大家さんが心配で、思はず、出社拒否をする処だつた。

結局、翼を大家さんにお願ひして出社する事にしたけれど、大家さんは快く引き受けて下さつたばかりではなく、

「若者と一緒にゐれば安心だ。」

とまで、言つて下さつた。本当に、有難い事だ。
翼が普段から大家さんの畑を手伝つたり、食事をしたりしてゐる事もあるけれど、大家さんの人としての大きさには、本当に頭が下がる。
とは言つても、いつも、甘へるばかりなのだけれど。

ところで、寒くなると、我が家ではホットカーペットを使ふのだけれど、自宅に炬燵が有るにも関はらず、大家さんの猫はホットカーペットがお気に入りらしい。
我が家にやつて来て、ホットカーペットが点いてゐないと、物言ひた気な目でじいつと見詰められてしまふ。
まあ、人と人は助け合ひだからな。

猫だけどな。







  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


強姦なんかする奴は、全員(自粛)ばいい。

高畑 裕太の強姦致傷事件。あれから、連日、ニュースで母親の高畑 淳子さんの様子が伝へられてゐる。

俺、大好きなんだよなあ、あの女優さん。記者会見、しつかり録画して見ました。
会見を見て、俺の中に浮かんだのは、もどかしさと怒りだつた。
そんなさ、泣く程可愛い息子ならさ、どうしてもつと見てやらなかつたんだよ。

「危うさは感じてゐた。」
「何度も言ひ聞かせてゐた。」

学生時代から、時間や校則を守れなかつたらしいね。一般社会の企業では、先ず、雇つては貰へない。芸能界は知らないけど。
発達障害が有つたと、何かで読んだ記憶が有るんだけど、障碍でも、特性でも、判つてたなら、尚更だよな。
何故、自分の子供から目を離した。
支援の必要な子供を放置して、何故、犯罪者にした。
性欲が抑へられない。それが高畑 裕太の特性なら、何年か服役して出てきても、また、やるだらうな。自分自身を律する事が出来ないんだから、反省したくらゐで治る訳が無い。

性欲が抑へられないなんて、それは人間ではなくて獣だ。
俺は人間が行ふ強姦や性犯罪は、抑へられなくて、なんて事は無いと思つてる。自分が狙つた相手に対して、自分が上(立場や力等)だと云ふ事を判断して行動してんだろ、つて思つてる。
ストレスが溜まつてだの、酒に酔つてだのと理由を付けるのを聞いてゐると、虫酸が走る。

高畑 淳子さんの“憔悴しきつた”、“項垂れた”様子をテレビで観てゐる被害者の周りの人達は、どんな思ひでゐるのだらうか。
怒りに腸が煮えくり返つてゐるのではないだらうか。被害者にとつては、加害者の母親もまた、恐怖の対象かもしれない。
同情するのは、無関係な人間だけだらう。

もう一つ、腹が立つた事が有る。

「そんな時間に、男が一人で泊まつてゐる部屋に行つたから。」

と云ふ発言をした人間がゐるらしい。
被害者には、何一つ落ち度は無い。彼女は自分の勤務場所で、自分の勤務時間内に、客の要望に応じただけだ。
それの何がいけなかつたのだと言ふのだらう。
ましてや、性別は関係無い。

被害者の人格と人生が、これ以上、損なはれる事無く、一日でも早く、被害者の日常が戻る事を、心から祈つてゐます。


  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


平成28年、終戦記念日に寄せて。

さよならも言へず帰らぬ人となるその哀しみを如何にとやせむ

稲田防衛大臣は、大臣就任以来、精力的に国内外の自衛隊基地や駐屯地の訪問をしてゐる。
何故か、とても楽しそうに見えるんだよな、これが。

この人が防衛大臣に決まつた時、一瞬、“適材適所”と云ふ言葉が頭に浮かんだ。全く、肯定的な意味ではなくて。
“国防女子”の異名を持つてたり、「日本独自の核保有」とか、「経験としての徴兵」とか言つちやふやうな人だからさ。

核保有国の代表みたいな米国大頭領が、核の無い世界を語るのに、核爆弾の被害に遭つた日本の防衛大臣が、核保有を語つちやふつて、どんなもんでせうね。
さう言へば、お国の為に戦ひたくないと言ふ若者を、“我儘”と表現したのも、この人のゐる党の議員だつたな。

子供達に知識としての戦争は教へずに、実地で教へようとしてゐるやうに思へて、背中が薄ら寒い心地になる。



  1. 日常
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。