FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


乙女の祈り。

ハンドクリームをしつかりと塗つても、まだ、乾燥する気がするんだ、と言つたら、うちの女の子が、塗った所を手のひらで覆つて、体温でパックをするのだと教へてくれました。
確かに、あの若くて、柔らかくて、瑞々しい手で包んで貰つたら潤いそうだなあ、と思ひました。

いや、自分の手でやるけどさ。

傷の手当て等の“手当て”は、実際に、手を患部に当てて、治癒を促す事に由来するのだと聞いた事が有る。
中学の同級生の女の子は、胸に手を当てて、

「大きくならないかなあ。」

なんて言つてゐたけれど、あれは、なかなか、可愛らしい仕草だつたなあ。
果たして、胸は大きくなつたのだらうか。
男はやらなかつたのかな。まあ、中学生で、ちんこの大きさを気にするやうな、大人つぽい気持ちを持つた奴がゐたのかどうか。
どちらかと言へば、毛の方に意識が行つてゐたやうな気がする。
俺は手足も、あそこも、ツルンツルンだつた。今もたいした事はないけどな。

さう言へば、あれは上から生へるのだらうか。下から生へるのだらうか。
俺は下からだつた気がする。
上も下も薄いから、定かではないのだけれど。

あ、上は“腋毛”の事ですよ。頭髪の話ではありません。

さう言えば、A沢が手袋を片方落としたと嘆いてゐた。
ラベンダー色の、手首に同じ色の大きなリボンが着いた手袋だ。彼女の小さな手に、とてもよく似合つてゐたから、見つかると良いなあ。
A沢は手袋を嵌める時に、神に祈りを捧げるやうに、胸の前でキュッと両手の指を組む。
その仕草も可憐で、大変に愛らしいのです。

手袋、プレゼントしようかなあ。







  1. 職場
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!


君の名は。

うちの社長は、社長室からフロアへ、自分で電話してくるんだけど、

「〇〇(社長の名前)です。□□さんは居ますか?」

と、かけてくるから、新人がたまにやらかす。本当に、止めてあげて欲しい。
管理職一同、笑ひを堪へるのに、大変、苦労して居ります。

一昨年のルーキーは、

「はい!営業第一課、ルーキーです!すみません、□□は、今、ちよつと、席を外して居りまして…何か伝言が有れば、お伝へしますが…」

と、やった。
社長は「社長の○○です。それでは、■■部長(俺)に代はつて下さい。」と言ひ直したさうで、俺は、青褪めて内線を保留する事も、回す事も出来ずに、俺を見詰めたまま固まつてしまつたルーキーの所へ行つて、直接、受話器を受け取つた。

うちの社長は、なかなか、可愛い人です。
俺は駅で社長が、駅員と親しげに話す姿を見た事が有るんだけど、同僚は、ホームに入つて来た、期間限定のカラーリングの車両をスマホで撮影する社長を目撃したらしい。何枚か撮つた後、傍に居た小学生くらゐの子供と、お互いのスマホを見せつこしてゐたとか。

鉄ちやんなのか。





  1. 職場
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


颱風のくるくるくると肥りけり

今日の会話。


Sちやん「台風、来ますね。」

   俺「帰つて貰りなさい。」

Sちやん「上がるつて言つてますよ。」

   俺「お断りしなさい。」

Sちやん「上司を呼べつて言つてます。」


はい、俺の負け。
  1. 職場
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


振り向けばそこに。

同僚が折り畳み傘を入れてゐる袋が恐い。


とても恐い(´;ω;`)
  1. 職場
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


能ある鷹は爪も綺麗。

仕事上の付き合ひで慶弔金を出す場合、熨斗袋を総務で貰ふんだけど表書きは自分で書く。
字に自信が無い人は総務に頼んだりするんだけど、自分の部下に頼む人もゐる。

先日の事、他の課のオッサンが、表書きを誰かに頼まうとしてたんだけど、生憎、いつも頼んでゐる部下は休み。そこである女の子が、私がやりませうかと申し出た。
処がオッサンは、その女の子を見るなり、

「大事な所へ持つて行くんだから、女の子のキャピキャピしたやうな字ぢやあ駄目なんだよ。」

と云ふやうな事を言ひました。

書いて貰へば良いのに。俺はさう思ひながらも、黙つてその場を離れました。
オッサンの態度から顔つき、言葉も口調も本当に厭らしくて、ムカついたから。

その女の子はね、お習字教室の娘さんなんだよ。硬筆も毛筆も段持ち。自分の部下なのに知らないのかよ。
教へてやらないようだ。

  1. 職場
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。