FC2ブログ

帆を張るやうに胸を張れ

同性愛者のサラリーマンのblog

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

昔の男。

昔、某有名デパートに勤めてゐる男と付き合つてゐた事があります。
情けない話だけれど、金が続かなくて別れました。本当に良い男だつたんだよ、これが。

デパートの服飾小物の売場にゐるだけあつて、見てくれも、会話のセンスも良いし、何よりエロかつた。
愛だとか恋だとかそんな事よりも、とにかく俺を満足させてくれた。

先日、その男と再会しました。

「〇〇様!ご無沙汰致して居ります。●●でございます。」

彼はまるで昔の得意客でも見つけたかのやうに、俺に声を掛けてきた。
某デパートの中を歩いてゐた時の事だ。

「よく…覚へてましたね。」

「ええ、だいぶご贔屓にして頂きましたから。」

戸惑ふ俺に、彼は笑顔で続けた。
それから半歩近付いて、俺にかう囁いた。

「ちよつと抜けて来るから、待つててくれる?」

彼は転勤を何度か繰返してこの支店に戻つて来たさうで、今は外商部門の管理職なのださうだ。

「もう、定年まで転勤も無いし、2年前にこちらにマンションを買つてね、今はそこに住んでる。」

彼は俺が左手の薬指を凝視してゐるのに気づくと、記者会見の女優よろしく、指を揃へて綺麗な手の甲を見せた。

「へえ。女、抱けるんだな。」

何の気なしに言つたはずが、皮肉めいた口調になつてしまつた。
彼はそれに気づいたのか、目を細めて俺を見た。

彼はセックスの最中も、よく、かうやつて俺を見てゐた。それは俺を嘲るやうにも切ないやうにも見えて、とても俺を惹き付けたのだ。

俺が煙草の箱に手を伸ばすと、彼がその手に触れた。

「煙草、変はつてないんだね。」

「ああ。変へる理由もないしな。」

俺は内心の動揺を悟られないやうに作り笑ひを浮かべ、煙草の箱を握つて彼の手の下から引き抜かうとした。その時…

「ふふ。やつぱり、男がいい。」

彼の指が、煙草の箱ごと俺の手を握つた。指で手繰るやうにして、手首を掴む。

手入れのゆき届いた、骨ばつた長い指。瞬間、目眩のやうな高揚感があり、その後直ぐに罪悪感…後悔。

「恋人がゐるんだ。」

今度はちやんと、落ち着いた声が出て、俺は自分自身に安堵した。
彼は細めてゐた目を一瞬だけ見開くと、明らかにつまらなさうな顔で、へえ、と言つて手を放してくれた。

「奥さん、良い人か。子供は?」

「子供はゐないんだ。作らない約束だから。」

「そうか。」

会話はそれ切りで、俺達は別れた。














  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0
スポンサーサイト
[PR]



夢の守り。

「ねえ。」

俺が煙草を灰皿に圧し付けるのを待つてゐたやうに、彼が話し掛けてきた。

「ん。」

「よく眠れるおまじなひしてよ。」

俺は半身を起こし、彼に覆ひ被さるやうにして、いつか誰かに教はつたやうに、夜の女神の名を口に含み、彼の瞼にキスをした。
ところが、

「違ふよ。」

彼ははにかむやうに笑つて、両の腕を俺の首に絡めると、耳許で囁いた。

「それは、恐い夢を見ないおまじなひ。」

かうしてセックスをねだる男と、半年ばかり付き合つた。
少し長く続いた記憶がある。


  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


処女です。

「前立腺つて、やつぱり気持ちいいのか?」

翼は、たつぷり3秒ほど俺の唇を見つめてから、そろりと視線をあげた。
俺は、ごくごく真面目な表情を作つて、その視線を迎へる。

ふざけてると思はれたら、殴られる事は必至だからな。

俺は初体験から今に至るまで、一度もネコをやつた事が無い。でも、前立腺にはけつこう前から興味は有つた。

勇気が無くて、指すら入れた事無いんだけどね。

他人のアナルには、散々、指やらオモチャやらチンコやら突つ込んでるけどな。

突つ込んでる側として判つてるのは、位置はだいたい同じ所に有つて、いきなり触つても感じないらしい事、射精の感覚とは違ふ快感を得られる事、快感を感じなかつたり、不快感の有る人もゐる事くらゐ。
全く、未知の感覚なのです。

さう云ふサービスを提供してゐる風俗店も有ると言ふから、やつぱり、気持ちいいんだらうなあとは思ふんだけど、俺の中の“何か”が崩れてしまひさうで、手を出しかねてをります。

どつぷりハマつて、そのままネコになつちやふとかさ。

ニャーン( ФωФ )ノ

  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


愛は金で買へるか。

セックスが好きだと云ふ事には自覚があるのだけれど、それが何故なのかは自分でもよく判らない。
好みの相手がヤらせてくれるつて言つたら、それあもう、遠慮無くさせて頂きます。

ゲイの知人に“売り専”が嫌だと云ふ人がゐて、俺がたまに利用してゐると言つたら、

「買つてまでする事?」

と言はれた。

彼の求める“セックス”は、買つてまでするやうな物ぢやないんだらうな。

俺は買つてでもするけどね。

水が飲みたい時は水でなければ渇きを癒せないし、肉が食ひたい時は肉を食はなければ満足できないのと同じで、セックスだけが満たしてくれるものが有る。

性欲や愛情とはまた違ふ、何かが有るのです。
  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0


いただきます。

「本当にいいの?」

誘ふ方も、誘はれる方も、曖昧なままベッドの上。

「いつもそんな事聞くんですか?」

冷静なふうを装つてはゐるけれど、その頬は緊張してゐる。
じつと見つめてくるくせに、見つめ返すと目を逸らす。ため息を逃すやうに、小さく唇を尖らせる。

「いや、そんな事わざわざ聞かないよ。」

肩を抱き寄せて、耳許で囁く。

「押し倒してみて目を閉じたら、そのまま頂く。」

腕の中で彼は微かに身動ぎをした。
言葉が見つからないのか、形の良い頤を揺らして頷く。

これでもう逃げられない。

俺は彼に判らないやうにほくそ笑んだ。大人ぶる彼はとても純粋だけれど、大人の俺はとても卑怯だ。
強張る身体をそつとシーツに横たへ、甘い香りのする首筋に唇を這はせる。
滑らかな肌を手のひらで撫で上げると、細い指が縋るやうに俺の肩を掴んだ。
その指に指を絡めてシーツに押さへつけると、彼は静かに目を閉じた。

見る間に胸は波打ち、固く結んだ唇が震へだす。
俺は直ぐにでもその唇に食らひ付きたかつたけれど、それよりも、緊張と羞恥に耐へる愛らしい姿を見たくて、もう一度聞いてみた。

「本当に、いいの?」

その瞬間、閉じてゐた目がはつと見開かれた。
俺の真意を測りかねてゐるのか、大きな瞳が揺れてゐる。

「冗談だよ。」

俺は悔しげに引き結ばれた、彼の唇に優しくキスをした。

新鮮だけれど粗野な素材を、羞恥や不安や苛立ち、さらに恋慕の情で調味する。
最も美味しく食べる為に、自分好みに調へてゆくのは楽しい。

そんな事はおくびにも出さず、俺は丁寧に愛撫を加へ、快楽だけを与へる。

やつぱり、大人は卑怯だ。











  1. 性欲
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>